痩せる方法は心から

痩せる方法といえば、食事制限と適度な運動とよくいわれます。しかしなかなかうまくいくものではありません。それは、心の状態を見過ごしているからではないかと思います。

なぜ人は食べるのか、食べ過ぎてしまうのか、といったら。それは特に女性の場合はストレスからといえます。かくいうわたしも体重の変化は激しく。ストレスのある環境にいると、いつのまにか食べる量が増えて6.7キロ体重が増えてる。。。そしてストレスのない環境にいると、いつのまにか食事の量が減っていて体重も元に戻っている。こういうのを何度か経験しているからです。

一番いい痩せる方法。それはストレスをなくすこと。でもこの現代、物騒な現代(苦笑)、とてもストレスはなくなりそうにないですね。適度な運動というのは、カロリーを消費するためだけではく、実はこのストレス解消にも役立つのです。

適度な運動でお勧めなのが歩くことです。歩くのは全身運動でかつ有酸素運動です。激しい運動の方が痩せると思われがちですが、軽い運動の方が有酸素運動を効率的に行い、同じ時間で脂肪燃焼量が多いので、痩せる方法にいいわけです。

ただし脂肪が燃焼始めるのに20分かかりますから、それ以上歩くのが理想です。しかし最初からそれを望まず、まずは「食べ過ぎないための気分転換法」として歩きましょう。気がついたらたくさん歩くようになって、痩せる方法の効果も出てくるはずです。

内臓脂肪を燃やそう!

内臓脂肪は生活習慣病の元といわれます。一見痩せる方法が必要なほど太ってるように見えない、つまり皮下脂肪がそれほどない人でも、意外に内臓脂肪はあるといわれます。

この内臓脂肪の方が、皮下脂肪のよりも悪玉といわれます。それは、糖尿病、血栓症、動脈硬化・高血圧症を引き起こす数々の物質を、皮下脂肪よりも多く産生しているからです。よって大事に至る前に、早く減らす=脂肪を燃やす必要があるのです。

痩せる方法を実践してもなかなか強敵な皮下脂肪とは違って、実は内臓脂肪は、溜まるのも早いが減らすのも早い攻略しやすい相手。脂肪を燃やすのに最適なのは、有酸素運動です。有酸素運動でもっとも手軽なのは「歩く」ことです。

ただし、運動の持続時間が20分以上ないと脂肪の燃焼が起きないとされています。しかしこれは、確実に脂肪を燃焼できるという話ですから、まずは10分、15分歩いてそのトータルが、20〜30分を超えれば効果が出てくるでしょう。

千里の道も、痩せる方法の道も一歩からですね。

痩せる方法:内臓脂肪とは

「内臓脂肪」とはなんでしょうか。痩せる方法で、よく耳にしますよね。内臓脂肪とは、腹部の内臓の周りにある脂肪(消化管の間の脂肪組織)です。

お腹の肉が摘めるようになったら痩せる方法を実行、というのは一つの目安ですが、この摘めるのは皮下脂肪で、内臓脂肪とは別物です。皮下脂肪がなくて、一見痩せる方法が必要なほど太ってないような人でも、内臓脂肪がたっぷりという可能性もあります。

内臓脂肪を医学的に判断するには、CTスキャンで撮影する必要があります。しかしもっと簡単に目安とできるのが、お腹周りを計ること。お腹周りとはおへその高さの外周。この数値が日本人男性の場合85cm以上の場合は、内臓脂肪が増加している可能性があるとのことです。

その他、お腹をひっこめた時に、お腹周りがどれだけ減るか。お腹周りの数値が大きいほど減る数値も大きく、男性の場合6cm以上はないと、内臓に脂肪がついてると推測されます。そういった場合は、早めに痩せる方法を、内臓脂肪消費対策をたてた方が良いようです。

リバウンドしない痩せる方法

〜リバウンドしない痩せる方法、脂肪吸引について〜
実は、アイドル歌手でも、相撲取りでも、寒い国の人でも、もともとの脂肪細胞の数はほとんど同じなのです。
極端な例で分かりやすく説明すると、相撲取りの脂肪細胞はバレーボールの大きさ100個、アイドル歌手はピンポン玉の大きさ100個ってな感じです。

やっかいなことに脂肪細胞というものは、一度膨らんでしまうと、縮んでもまた膨らみやすくなってしまうのです。
これも例えるなら、初産の妊婦さんのお腹は大きくなるまでに時間がかかることに対し、2回、3回と妊娠を繰り返している経産婦さんのお腹はすぐに目立つようになるのと同じです。

ですから、リバウンドしやすい人は、痩せては太りを繰り返していたりする人が多く、せっかく痩せる方法に成功したとしても、何度も伸ばした皮膚は結果的にシワシワになってしまうのです。

そして、脂肪吸引とは脂肪細胞そのものを取り除いてしまおうとする究極の痩せる方法。これを説明したいと思います。

メリットとして、脂肪吸引は脂肪細胞そのものを吸引して除去するため、確実にリバウンドしません。
とはいえ、また脂肪細胞が大きくなって太ってしまうことはあります。
そして、脂肪吸引のことをきちんと理解して、脂肪吸引を痩身の最終選択肢としてください。
脂肪はつきすぎると体に負担がかかるため、健康管理のためにも肥満は避けなくてはいけませんが、脂肪というのは人間が生きていくためには絶対に必要なものなのです。

ここ数年で脂肪吸引は金額的にも手頃になっており、ほぼ全身の脂肪吸引が医学の進歩で可能になりました。
あらゆる痩せる方法で失敗した方や、部分痩せをしたい、運動が苦手、忙しくて運動不足、そんな方は最終手段として、脂肪吸引を選ぶのは、充分ありだと思います。

脂肪吸引のカウンセリングはほぼどこでも無料で行っていますので、まずは、メールで相談したり、カウンセリングを受けてみるといいですよ。
貴重な時間と結構な大金をつかうのです、たくさんのクリニックに実際に足を運び、自分が納得するまでじっくり検討する必要があります。
そして正しい知識を得るためにも、たくさんの脂肪吸引関連のサイトを見て回ることをおすすめします。

脂肪吸引のアフターケア
脂肪吸引の手術について、事前に脂肪吸引のアフターケアについて聞くことはとても大事です。
脂肪吸引手術は手術そのものよりも、ケアや経過についての不安を感じられる方の方がたくさんいます。
そのために、脂肪吸引の手術後の経過をドクターが定期的に検診し、経過を直接診てくれるクリニックなのかどうかを確認しましょう。
不安なままでは肉体的にも精神新的にも辛いと思います。
人間ですからね。心のケアが一番大切だと思います。

にがりと痩せる方法

にがりは、昔から豆腐を作る際の凝固剤として利用されてきました。
その主な成分は塩化マグネシウムで、濃縮した海水から塩を取り除いた残留物です。

最近、痩せる方法に、にがりやマグネシウムが効果があると言われています。
例えば、「糖質代謝を促進し、糖の吸収を遅らせる」「エネルギー代謝を促進し、脂肪の吸収をブロックしてくれる」といったことから、痩せる方法に効果的なのでは?といった情報があるのですが、まだ確実な根拠はなく、証明もされていません。
また、医薬品で下剤として使用されているマグネシウムは、食品であっても多量に摂取すると、お腹を壊し、下痢になる可能性があります。
さらに、にがりやマグネシウムを下痢を起こす程、過剰に摂取してしまうと、エネルギー源となる糖質や脂質だけでなく、ビタミンやミネラル等の吸収も阻止されてしまいます。
体にとって、その状況は決していいことではありません。
にがりを下剤として利用し、摂取量を間違えて大変な健康被害を起こしてしまった事例もあります。

まだ、食品に含まれるマグネシウムは、多量に摂取しても、健康面での被害は少ないと評価されています。
かと言って、痩せたいがために過剰摂取しても、一時的にしか体重の変化もおこりませんし、それは間違った痩せる方法で何の効果も得られないので、絶対にしないでください。
利用目的、方法、摂取量について十分注意し、理解してから、マグネシウムを摂取できる健康食品や、サプリメントの利用を行ってください。
ちなみに、サプリメントなどによるマグネシウムの過剰摂取は、下痢を起こしてしまうことがありますので、十分注意しましょう。

究極の痩せる方法 絶対・確実^^

痩せる方法で、友人からきいて思わず唸った究極の痩せる方法があります。それは、


「体重計に、一日10回のること」

これだけです。これだけ?と思うかもしれませんが、これだけです。

そもそもわたしが、「痩せようと思っている」とその友人に言った時のこと。友人は「何キロ痩せたいの?」と訊いてきます。わたしは自分の体重を計っていませんでしたから、「わからん、けど痩せないと服がきつい(おい」

その時です。友人は声を大にして言ったのです。


「何言ってるのよ。痩せる方法は、まず自分の体重を把握すること。現状を見つめて把握しないで、痩せるわけないでしょ」と。そして、

「何にもしないで、体重計にただ毎日10回のるだけで痩せてくらしいよ」

「体重が減っていくのが、楽しくなるらしいよ」と言ったのです。


いや。それは。そうかもしれんが。それはたぶん、自分の体重を10回も毎日見せ付けられたら、そりゃ食べる気なくすって。。。。食べてる場合じゃないでしょ。そしてわたしは後日、自分の体重を知りました(がーん)。

10回も見るの、嫌。

この痩せる方法を選択する心の強さは、今のわたしにはありません。

痩せる方法とは。心の強さを要求される厳しい道、かもしれません。

痩せる方法と和食

痩せる方法のメニューとして、優等生なのは和食です。和食は、煮物や酢の物、和え物や焼き物といった、ご飯を中心として油を使わない低脂肪、低カロリーな献立になっています。それに比べて洋食は、バター、生クリーム、オリーブオイルなど脂肪たっぷり。痩せる方法を志すなら、まずは和食を選ぶようにした方がいいでしょう。

和食のご飯は、野菜や海藻など食物繊維の豊富な食材ともよく合います。食物繊維は体内の余分な脂肪を排出する働きがありますから、これまた痩せる方法のメニューとして○ですね。

和食には麺類もあります。麺類で選ぶならそばがいいでしょう。カロリーそのものはご飯と変わらないのですが、ご飯の場合は、それだけ食べるのでは栄養的にかなり偏りのある食事になってしまい、副食を必要とします。その分摂取カロリーは高くなります。

しかし、そばは白米や小麦粉に比べてタンパク質含有量が多く、アミノ酸スコアが非常に高く、ミネラル、ビタミンも程良く含んでおり、そば単独で栄養バランスのとれてる優れた食品。また、そば粉には4〜7%の食物繊維が含まれており、これは小麦粉の約2倍、白米の8倍以上です。

こうしてみると、日本人は昔から痩せる方法の食事メニューの達人だったのかもしれないですね。

心で痩せる

痩せる方法のメニューといった場合、食べる回数とか摂取するのは何カロリーまでとか。あるいは、カロリー消費のためにこれだけ運動をする、というのもメニューに加える人もいると思います。これはこれで現実的な痩せる方法のメニューと評価できると思います。

しかし、わたしは自分の経験上、精神的な部分で食べ過ぎる=太る、食べなくても平気になる=元に戻る、という経験を何度もしているので、何をどう食べるといった痩せる方法のメニューより、食べ過ぎないでいられる心の痩せる方法のメニューというのを考えた方が、根本的解決になると思っております。

まず理解しなくちゃいけないのは、食べるのはお腹がすいているからじゃないということです。お腹がすいていても、何かに集中していたら食べるのを忘れることって誰にでもあります。つまり、食べることと心の状態は関係しているわけです。

食べ過ぎてしまう人の大半の人は、満たされない部分を食欲でてっとり早く埋めてしまおうという気持ちが働いてます。満たされない部分を食欲じゃないものに向ければ? あるいは満たされない部分を満たす努力をしたら? 人は食べなくても平気、少なくとも食べ過ぎることはなくなるのです。

心で痩せる

痩せる方法のメニューといった場合、食べる回数とか摂取するのは何カロリーまでとか。あるいは、カロリー消費のためにこれだけ運動をする、というのもメニューに加える人もいると思います。これはこれで現実的な痩せる方法のメニューと評価できると思います。

しかし、わたしは自分の経験上、精神的な部分で食べ過ぎる=太る、食べなくても平気になる=元に戻る、という経験を何度もしているので、何をどう食べるといった痩せる方法のメニューより、食べ過ぎないでいられる心の痩せる方法のメニューというのを考えた方が、根本的解決になると思っております。

まず理解しなくちゃいけないのは、食べるのはお腹がすいているからじゃないということです。お腹がすいていても、何かに集中していたら食べるのを忘れることって誰にでもあります。つまり、食べることと心の状態は関係しているわけです。

食べ過ぎてしまう人の大半の人は、満たされない部分を食欲でてっとり早く埋めてしまおうという気持ちが働いてます。満たされない部分を食欲じゃないものに向ければ? あるいは満たされない部分を満たす努力をしたら? 人は食べなくても平気、少なくとも食べ過ぎることはなくなるのです。

痩せるための簡単なカロリー計算

痩せる方法にカロリー計算は必要不可欠。まず把握しなければならないのは、普段の生活でどれだけカロリーを摂取しているかです。

簡単なカロリー計算は、袋や容器に書いてある成分表示をチェックすることです。「1袋120gあたり エネルギー 3491kcal たんぱく質・・・・」と書いてあるこのことですね。これをもし1袋食べたら、それだけで349kcal摂取したことになります。こういったことだけでも、かなり自分の飲食物のカロリーを計算できます。

成分表示のないものや、自分で作ったりしたもののカロリー計算は、それを把握するには基本食品のカロリーがのっている「五訂増補 日本食品標準成分表」を参考にするのが正確です。食品の全てを網羅しているバイブルですので、本格的に痩せる方法をされたい方は入手した方がいいかもしれません。

こういったカロリーブックは、食品の「重さ」を基準にしてますので、食べ物や材料の重さを量るクセをつけるといいですね。ご飯をよそったら、重さを量ってみて○○g、だから××kcal摂取したという感じです。毎回やるのは大変ですから、時々やって、それを覚えていくといいでしょう。だんだんと、自分の普段摂取している食べ物の「重さ」と「カロリー」がわかってきます。